エコで費用対効果のよいマイホームを建築する方法

エコで費用対効果の良いマイホームというと、省エネルギー住宅をイメージする人が多いでしょう。最近よく耳にするのはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。ZEHは断熱性能を高めてあり、エネルギー消費を抑えた住宅のことを指します。それに加えて太陽光発電など、新たにエネルギーを生み出すことができる住宅です。経済産業省でもZEHの住宅を推進しています。
省エネルギー化を実現するためには、高断熱・高気密を実現している住宅にするとよいでしょう。断熱性が高ければ夏は涼しく、冬は暖かくすることが可能です。断熱性の高い住宅として注目されているのは外張り断熱で、家全体を包み込むように断熱してあります。一般的な断熱工法だと内側のみを断熱するため、柱などの部位で断熱材が途切れてしまうことにより外側に熱が伝わりやすくなり、断熱性能が下がってしまうのです。
また、一般的な木造建築だと、どうしてもちょっとした隙間ができてしまいます。隙間があるとそこから熱が伝わるため、断熱効果が下がるのです。そのため、エアコンで室内の温度を快適にしても、外気の影響を受けやすくなりエネルギーを消費することになります。エコなマイホームにするには、高断熱・高気密にすることが重要です。
太陽光パネルを屋根や屋上などに設置して、エネルギーを生み出すというのもエコにつながります。電気代を抑えるだけではなく、作った電気は売ることができるため、利益を生み出せる場合もあるでしょう。ただし、太陽光パネルを設置するには費用がかかることから、どれだけ電気を生み出せるのか事前に確認しておくことが大切です。設置する太陽光パネルの数や日当たりの良さなどで費用対効果は変わってきます。
日当たりが良く電気を沢山生み出せるのであればよいですが、あまり日当たりが良くない場所であれば費用対効果が悪いこともあります。また、将来メンテナンスが必要になることもあるため、その分のコストも見込んでおくことが重要です。設置した費用を何年程度で取り戻せるのか、きちんとシミュレーションしておくようにしましょう。
コンパクトな家は、消費するエネルギーが少なくて済む分エコです。広々としたリビングに憧れるという人も多いですが、広いスペースがあるとエアコンは出力が大きなものを用意する必要があります。消費するエネルギーも多いため、電気代がかさんでしまうこともあるでしょう。とはいえ、小さすぎても生活しにくいというデメリットが発生するため、バランスが大事です。