平屋が得意なハウスメーカーはどこ?平屋のメリットも解説

平屋が得意なハウスメーカーとしては、積水ハウス・一条工務店・三井ホーム・アキュラホーム・住友不動産等が挙げられます。積水ハウスは木造建築と鉄骨住宅の両方を手掛けるハウスメーカーで、高齢者に優しいバリアフリーの住宅が得意です。三井ホームでは、モアストーリーという夫婦で生活することを目的とした平屋を販売しています。バリアフリー仕様になっており、全館空調のシステムを導入することも可能です。
平屋に住むメリットは、階段がなくワンフロアで生活しやすいということが挙げられます。一般的な2階建て住宅は階段があるため、上り下りするのが面倒と感じることも多いです。若い頃であればあまり気にならないかもしれませんが、高齢になって足腰が弱ってくると特に大変に感じることもあります。2階があるものの、ほとんど使わなくなってしまったということもあるようです。階段部分はデッドスペースになってしまうので、その無駄を省けるというメリットもあります。
また、ワンフロアに生活がまとまっているため、生活動線もコンパクトに済むという点がメリットです。家事が効率よくおこなえるため、忙しい方にも人気があります。2階建て住宅の場合は水回りがある1階に洗濯機があるため、洗濯物を干すのにわざわざ2階に行くということも多いです。それが階段を上り下りする必要がなくなることで、家事を効率的におこなうことができます。洗濯は毎日のようにおこなうため、何度も往復するのは意外と面倒です。特に共働き世帯の場合だと家で過ごす時間が限られていることから、できるだけ家事は短時間で済ませたいでしょう。家事動線がスムーズであれば、その分だけ家事に費やす時間を短縮することができます。
また、地震に強く耐震性に優れているというのも平屋のメリットになります。平屋は2階建ての建物よりも軽いため、耐震面においては構造的に有利となっています。そのため、震災を経験して、平屋を選んだという人もいるほどです。
高齢になると階段で躓いて、転倒してしまったという人も増えてきます。高齢になってからの骨折はとてもリスクが高く、それがきっかけで寝たきりになってしまうこともあるため注意が必要です。ちょっとした怪我でもしばらく動けなくなり、筋力の低下を招いて回復するのが難しくなってしまう恐れがあります。高齢になってからも元気で生活するためには、骨折につながるリスクを減らすことが重要です。人が骨折するのは屋外などでスポーツをするときよりも、家の中で起こりやすいといわれています。