高齢者や老後を見据えたバリアフリーでユニバーサルデザインの物件とは

ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、障害などの有無に関わらず全ての人のためのデザインです。ユニバーサルデザインの物件の特徴を挙げると、バリアフリーや高齢でも使いやすいことがあります。
例えば、トイレの幅を広くしてあるデザインであれば、車椅子でも簡単に利用できるでしょう。通常のトイレはスペースが狭いため、車椅子では利用することができません。高齢になって車椅子になることもあるため、そのようなときには幅が広いトイレが重宝します。また、車椅子ではない場合でも、介護をする人が一緒に入ることができるというメリットも考えられるでしょう。
バリアフリーであれば段差がないため、つまずいたりする危険性が少なくなることが魅力です。平屋など階段のないワンフロアは生活しやすいだけでなく、階段がある場合でもできるだけ段差を低くしておけば上りやすくなります。階段に手すりがあれば、それにつかまって移動することができるため安心です。
玄関周りにスロープがあり、車椅子でも出入りしやすくなっている設計もユニバーサルデザインになります。車椅子で移動しやすいということは、小さいお子さんを乗せたベビーカーでも手軽に移動できるということです。誰でも快適に暮らせる住宅といえるでしょう。
その他にも浴室に滑りにくい床材を使うなど、転倒を防ぐ工夫もユニバーサルデザインになります。浴室は水に濡れていて滑りやすいため、転倒するリスクが高い場所です。浴室で転んでけがをしたという人も多くいます。
日本では高齢化が進んでいることから、このようなユニバーサルデザインの物件も増加中です。家を購入するのは20代や30代といった若い世代が多いですが、その頃から将来を見越してユニバーサルデザイン住宅を選ぶという人もいます。自分達が年を取ってから安心して暮らせるということは、健康的に長生きするのに役立つでしょう。今住んでいる家をリフォームするという方法もありますが、段差などは構造上解消できないことも多くあります。
また、シニアになってからユニバーサルデザインの物件に住み替えるという人も増えてきているようです。子供がいる頃は子育てしやすいように大きな一戸建ての家に住んでいて、シニアになって子供が巣立った後にもっとコンパクトな家に住み替える場合が多いでしょう。親の介護やパートナーの介護のために、バリアフリーの住宅に住む必要が生じる場合もあります。介護の問題は将来必ずやってくるため、若いうちから備えておくという人も多いです。

エコで費用対効果のよいマイホームを建築する方法

エコで費用対効果の良いマイホームというと、省エネルギー住宅をイメージする人が多いでしょう。最近よく耳にするのはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。ZEHは断熱性能を高めてあり、エネルギー消費を抑えた住宅のことを指します。それに加えて太陽光発電など、新たにエネルギーを生み出すことができる住宅です。経済産業省でもZEHの住宅を推進しています。
省エネルギー化を実現するためには、高断熱・高気密を実現している住宅にするとよいでしょう。断熱性が高ければ夏は涼しく、冬は暖かくすることが可能です。断熱性の高い住宅として注目されているのは外張り断熱で、家全体を包み込むように断熱してあります。一般的な断熱工法だと内側のみを断熱するため、柱などの部位で断熱材が途切れてしまうことにより外側に熱が伝わりやすくなり、断熱性能が下がってしまうのです。
また、一般的な木造建築だと、どうしてもちょっとした隙間ができてしまいます。隙間があるとそこから熱が伝わるため、断熱効果が下がるのです。そのため、エアコンで室内の温度を快適にしても、外気の影響を受けやすくなりエネルギーを消費することになります。エコなマイホームにするには、高断熱・高気密にすることが重要です。
太陽光パネルを屋根や屋上などに設置して、エネルギーを生み出すというのもエコにつながります。電気代を抑えるだけではなく、作った電気は売ることができるため、利益を生み出せる場合もあるでしょう。ただし、太陽光パネルを設置するには費用がかかることから、どれだけ電気を生み出せるのか事前に確認しておくことが大切です。設置する太陽光パネルの数や日当たりの良さなどで費用対効果は変わってきます。
日当たりが良く電気を沢山生み出せるのであればよいですが、あまり日当たりが良くない場所であれば費用対効果が悪いこともあります。また、将来メンテナンスが必要になることもあるため、その分のコストも見込んでおくことが重要です。設置した費用を何年程度で取り戻せるのか、きちんとシミュレーションしておくようにしましょう。
コンパクトな家は、消費するエネルギーが少なくて済む分エコです。広々としたリビングに憧れるという人も多いですが、広いスペースがあるとエアコンは出力が大きなものを用意する必要があります。消費するエネルギーも多いため、電気代がかさんでしまうこともあるでしょう。とはいえ、小さすぎても生活しにくいというデメリットが発生するため、バランスが大事です。

マイホームを建築する際の後悔しない賢い不動産業者やハウスメーカー選び

マイホームを建築する際には、後悔しないように信頼できる不動産業者やハウスメーカーを選びたいものです。しかし、信頼できるかどうか、判断がつきにくいということもあります。
信頼できる不動産業者やハウスメーカーを選ぶ際には、質問に対して適切に答えてくれるところを選びましょう。質問に対して的外れな答えが返ってきたり、あいまいな返事が返ってきたりするところは心から信頼することができません。
さらに、契約を急かしてくるようなところも信頼できないといえるでしょう。例えば、今月中に契約してくれたら値下げするというように、判断を迷わせてくるところは何か隠し事があるのではないかと不安になります。今契約しないと他の人が申し込みそうだなどと決断を煽ってくる可能性もあるでしょう。その場合、誰かに取られてしまうのではないかと不安になり、慌てて契約して後悔することもあるため注意が必要です。
予算に見合ったハウスメーカーを選ぶことも大事なポイントになります。資金面をきちんとシミュレーションしておかなければ、後々の生活に多大な影響を及ぼすためです。家を建てるのに多額のお金がかかってしまい、子供の教育資金が足りないといったことになるのは避けたいでしょう。注文住宅の場合は、プランを練る間に予算が膨らんでしまうことも少なくありません。予算をあらかじめ設定し、その範囲内でプランを立ててくれるところを選ぶことが大切です。
マイホームは多くの人にとっての夢であるため、計画を立てる段階になると無理をしてしまうことも少なくありません。余計なオプションをつけたり、設備のグレードを上げたりして費用がかさむこともあります。そのような後悔をしないためにも、費用に関してきちんと教えてくれるところを選ぶようにしましょう。建物だけではなく諸費用がいくらかかる、オプションをつけるといくらアップするなど細かい部分も確認する必要があります。
不動産業者やハウスメーカーにも得意分野があるため、自分たちに一番合っているところを選ぶことも大切です。都心部などでは狭い土地が多いことから、3階建て住宅も珍しくありません。しかし、3階建て住宅の経験が少ないところに依頼してしまうと。満足のいく仕上がりにならないこともあり得ます。そのようなときには3階建て住宅を建築した実績が豊富で、ノウハウを持っているところを選ぶことが大切です。過去の実績なども調べたうえで不動産会社やハウスメーカーを選びましょう。

理想の家を探すためのコツは?住宅メーカーの探し方

理想の家を探すためには、情報収集をして事前に住宅メーカーごとの特徴を把握することが大切です。その住宅メーカー独自のスタイルがあるため、自分達の好みに合ったものを選ぶことで満足度が高まるでしょう。資料を請求するとパンフレットなどを送ってもらえますし、インターネットサイト等でも情報収集は可能です。
ただし、一口に住宅メーカーといってもたくさんあるため、何を選べばよいのかよく分からないといったこともあるでしょう。理想の家の探し方としては、マイホームに関する書籍などを参考にするのがおすすめです。家づくりについて基礎的な知識を備えてからでなければ、モデルハウスなどを見に行っても適切な質問ができないことがあります。
住宅展示場などは、多くのハウスメーカーが集まっているため見学するには最適です。いくつか見て回り、比較することで特徴がよく分かります。それぞれメリットもあればデメリットもあるため、実際に見ることで比較するポイントも分かりやすいでしょう。
さらに、実際に家を建てた人の口コミなども参考になります。友人など知り合いに家を建築した人がいれば、感想を聞いてみるのもおすすめです。営業マンに話を聞いても良い部分しか話さないため、実際のところはよく分からないということが多くあります。口コミであればあまり良くない部分についても知ることができるため、とても参考になるでしょう。
ただし、気を付けたいのはメリットとデメリットは表裏一体で、誰かが良くないと思っても自分に当てはまるとは限らない点です。例えば、質が悪かったという意見でも、価格とのバランスを考えると他の人は満足できる水準だったということがあります。何を大事にするかで意見が変わってくるため、悪い口コミがあってもそれを信じすぎるのは危険です。口コミはとても参考になりますが、左右されすぎずに取り入れることが重要になります。
一度にたくさんの住宅メーカーを回ると情報が多すぎてよく分からなくなってしまうこともありますが、そのようなときには条件を設定して絞り込んでいくことが大事です。戸建て住宅には木造建築と鉄骨住宅の2種類がありますが、どちらかを選ぶと必然的にハウスメーカーも絞られます。予算を設定することにより、それ以上の費用がかかりそうなメーカーを除外できるでしょう。このように一つ一つ絞り込んでいく探し方をすることで、理想の住宅メーカーを選ぶことができます。

住宅の内装デザインはどう決める?

住宅の内装デザインを決める際には、まず大まかなテイストを決めることをおすすめします。自然のぬくもりが感じられるナチュラルな雰囲気にしたい、遊び心のあるポップなテイストにしたい、シックで落ち着ける雰囲気にしたい等イメージを膨らませることが大切です。この段階で細かい部分にまでこだわってしまうと、考えることが沢山ありすぎて混乱してしまいます。こういう家具を置きたいなど、インテリアも合わせて考えるとイメージが膨らむでしょう。
大まかなイメージが固まったら、今度は使用する色を決めていきます。内装のベースとなる色、インテリアなどに使うメインカラー、ちょっとしたアクセントカラーを決めましょう。デザイン性の高い住宅にするためには、色使いがとても重要な要素です。使用する色が多すぎると雑然とした印象になってしまうため、3色くらいに絞り込むことをおすすめします。ベースとなるカラーは部屋の全体に及ぶため、白やベージュといったオーソドックスな色が一般的です。壁紙などに用いられる色ですが、壁紙に濃い色を使用すると、全体的に重い印象を受けるほか主張が強すぎる家になる恐れがあります。メインカラーは2割から3割程度使われる色で、インテリアやファブリック類のカラーがメインカラーになることが多いです。アクセントカラーは、引き締め効果を持つカラーになります。アクセントになるようなインパクトのある色を選ぶことが多いです。
色選びに迷ったときには、一番ベースになる床から色を決めていくと決めやすいでしょう。床材は部屋の中でも大きな面積を占めているため、見る人の印象を左右します。ホワイト系だと部屋が明るくなり清潔感が感じられますが、汚れが目立つ点がデメリットです。ベージュであればナチュラルな雰囲気に、濃いブラウンだと落ち着いた雰囲気になります。
内装のデザイン性で重要なことは、統一感を出すことです。一つ一つのインテリアは素敵でも、周りと合わないとちぐはぐな印象になってしまいます。全体的なテイストを統一し、統一感を出すことも大事です。優しい色合いの壁紙を選んだのに、キッチンはスタイリッシュでシャープな雰囲気がするというのは相性がよくありません。
また、テーブルやソファなど設置したい家具が決まっているときには、それに合った内装デザインにするのもよいでしょう。どんな場所に家具を配置するのかも、事前にシミュレーションしてみるのがおすすめです。

平屋が得意なハウスメーカーはどこ?平屋のメリットも解説

平屋が得意なハウスメーカーとしては、積水ハウス・一条工務店・三井ホーム・アキュラホーム・住友不動産等が挙げられます。積水ハウスは木造建築と鉄骨住宅の両方を手掛けるハウスメーカーで、高齢者に優しいバリアフリーの住宅が得意です。三井ホームでは、モアストーリーという夫婦で生活することを目的とした平屋を販売しています。バリアフリー仕様になっており、全館空調のシステムを導入することも可能です。
平屋に住むメリットは、階段がなくワンフロアで生活しやすいということが挙げられます。一般的な2階建て住宅は階段があるため、上り下りするのが面倒と感じることも多いです。若い頃であればあまり気にならないかもしれませんが、高齢になって足腰が弱ってくると特に大変に感じることもあります。2階があるものの、ほとんど使わなくなってしまったということもあるようです。階段部分はデッドスペースになってしまうので、その無駄を省けるというメリットもあります。
また、ワンフロアに生活がまとまっているため、生活動線もコンパクトに済むという点がメリットです。家事が効率よくおこなえるため、忙しい方にも人気があります。2階建て住宅の場合は水回りがある1階に洗濯機があるため、洗濯物を干すのにわざわざ2階に行くということも多いです。それが階段を上り下りする必要がなくなることで、家事を効率的におこなうことができます。洗濯は毎日のようにおこなうため、何度も往復するのは意外と面倒です。特に共働き世帯の場合だと家で過ごす時間が限られていることから、できるだけ家事は短時間で済ませたいでしょう。家事動線がスムーズであれば、その分だけ家事に費やす時間を短縮することができます。
また、地震に強く耐震性に優れているというのも平屋のメリットになります。平屋は2階建ての建物よりも軽いため、耐震面においては構造的に有利となっています。そのため、震災を経験して、平屋を選んだという人もいるほどです。
高齢になると階段で躓いて、転倒してしまったという人も増えてきます。高齢になってからの骨折はとてもリスクが高く、それがきっかけで寝たきりになってしまうこともあるため注意が必要です。ちょっとした怪我でもしばらく動けなくなり、筋力の低下を招いて回復するのが難しくなってしまう恐れがあります。高齢になってからも元気で生活するためには、骨折につながるリスクを減らすことが重要です。人が骨折するのは屋外などでスポーツをするときよりも、家の中で起こりやすいといわれています。

アキュラホームの低価格と高クオリティの秘密とは?

白を基調とした部屋

アキュラホームは、低価格ながら高いクオリティの住宅を提供しているハウスメーカーです。アキュラホームの特徴は何といっても価格の安さで、費用面を重視してアキュラホームを選んだという口コミが多く見られます。マイホームを持ちたいと思うのは結婚したときやお子さんが生まれたときが多いと思いますが、そのときには資金に余裕がないという人も少なくありません。そのため、ローコストで家を建てられるのは非常に大きなメリットです。
アキュラホームが低価格で高いクオリティの家を提供できる理由は、ジャーブネットシステムという独自のシステムにあります。地域の工務店と連携し全国規模でネットワークを構築しており、そのネットワークを生かした大量仕入れを行っているためです。家を建てるためには多くの資材を用意する必要がありますが、その都度配送しているとその分のコストもかさんでしまいます。アキュラホームでは自分達で物流センターを作り、効率的な配送や資材の梱包を簡略化することで、現場での作業効率を上げることになりました。そのような無駄なコストを徹底的に省くことで、低価格の家づくりを可能にしているのです。
アキュラホームの住宅は、完全自由設計にこだわったものになっています。大収納のある家や平屋の家、インナーガレージのある家などはっきりしたコンセプトを打ち出しているのも特徴です。二世帯住宅や吹き抜けのある家、ペットと暮らす家、土間のある家などライフスタイルに合った住まいを作ることができます。
口コミなどでは、収納面で満足しているという人が多くいます。単純にたくさん収納できるようにするのではなく、収納を適正な場所に配置することで物を美しく収納できるようになっている点が魅力です。壁面収納はたくさんの物をすっきりとしまえるだけではなく、あえて見せる収納にもなります。土間収納は物が多くなりがちな玄関周りをすっきりとさせてくれるでしょう。
アキュラホームでは高耐震性を実現し、地震に強い家づくりをおこなっています。建物を支えるための基礎は強靭な設計になっており、地震の力を分散させる工夫が随所に施されているため安心です。アキュラホームで採用しているのは伝統的な木造軸組工法ですが、結合部は弱点でした。その結合部を強固にするためのメタルウッド工法を取り入れており、高い耐震性を供えています。壁にも1枚で6枚分もの強さを持つ耐力壁を取り入れるなど、地震に強い住まいが魅力です。

スウェーデンハウスを建てる前に知っておきたい特徴とは?

手に乗せた家のミニチュア

スウェーデンハウスは、輸入住宅の分野でトップシェアを誇るハウスメーカーです。北欧風と呼ばれるデザインは巷にあふれており、特に女性達から絶大な支持を得ています。スウェーデンやノルウェーといった北欧に暮らす人々は、寒い冬の間家にいる時間が長いためインテリアにこだわる人が多いです。ナチュラルで温かみのあるデザインは、多くの人を惹き付けています。
スウェーデンハウスは、そのような北欧スタイルを家づくりに生かしているハウスメーカーです。北欧らしさが感じられる住宅で、デザインにこだわりたい人に評判となっています。北欧スタイルならではのポップな色使いは、住む人の心をワクワク明るくしてくれるでしょう。
また、長く住めることにもこだわっており、50年間無料点検システムを導入しています。日本の家の寿命は世界水準で見ると短く、30年もすれば壊して新しいものを建てるというのが一般的でした。しかし、北欧ではメンテナンスをしながら長く住み続けるのが一般的です。スウェーデンハウスは次の世代も受け継いでいけるような耐久性に優れた家づくりをしているため、100年住み続けられることを目指しています。
スウェーデンハウスの無料点検システムでは、建物の不具合の有無や快適に住めるかなどを見守り続けるシステムです。点検時にはチェックシートを準備して、細かい部分までしっかりとチェックを行います。点検を受けることで、安心して暮らすことができるでしょう。
スウェーデンハウスの住宅の価格は、一般的なハウスメーカーに比べると割高となっています。決して安い価格ではありませんが、その分だけ質の良さは折り紙付きです。本場であるスウェーデンから輸入している材料も多いことが、コストがかさむ理由になっています。ただし、北欧の厳しい冬にも耐えられるような高い断熱性や気密性を兼ね備えている材料です。遮音性にも優れており、機能面でも満足できる住宅には欠かせません。スウェーデンハウスで家を建てたいという人は、余裕をもって資金を準備しておくことをおすすめします。
グッドデザイン賞を受賞したこともあるほどの洗練されたデザインも魅力です。他のハウスメーカーとは一線を画しており、顧客満足度が高いといったデータもあります。デザインにこだわりたい人に人気で、まるで北欧に住んでいるような佇まいが気に入ったという人が多いようです。水回りなどにもオリジナルの設備を取り入れたりもしており、ありきたりなデザインのキッチンとはまるで違います。

アエラホームを建てる際に注意したいポイント!評判は?

家の積み木と家族の模型

アエラホームは、比較的低コストで家を建てることができるハウスメーカーです。アエラホームは断熱性能にこだわった家づくりをしており、アルミで包んだ家をコンセプトにしています。アルミ箔で覆われた高性能な断熱材で、家をすっぽりと包み込んでいるのが特徴です。柱の外側は外張り断熱になっており、柱の内側にも吹き付け断熱が施されています。二重の断熱構造になっているため、一年を通して快適な温度を保つことが可能です。また、気密性も重視しており、ちょっとした細かい隙間も気密テープと発泡ウレタンを使って徹底的に塞いであります。そのため、わずかな隙間も生じておらず、快適な環境を維持することができるのです。
実際にアエラホームで家を建てた人の評判は、夏に涼しいというものでした。近年、日本では夏の暑さが厳しくなっており、猛暑や酷暑といった日が連続して続くことも多いです。昔は家を購入するときには日当たりの良さを重視することが多かったのですが、あまりに夏の暑さが厳しいため、日陰の方が良いという意見が出ることもあります。
アエラホームのクラージュというシリーズの家は、最高性能の断熱材であるキューワンボードが使用されている点が魅力です。キューワンボードは優れた断熱性があり、両面にはアルミ箔が貼られています。これが夏の暑い日差しを反射し、室内の快適な空気が流出するのを防いでくれるのです。そのため、夏の日差しが厳しいときでも、少しのエアコンで快適な室温を維持することができます。冬場も同様で、キューワンボードが部屋の中を温かい状態に保ってくれるでしょう。
アエラホームの家は、高性能なダブルエアフィルターを供えた全熱交換型システムを導入しており、アレルギー体質の方にも評判が良いです。PM2.5のような有害物質を捕集して、アレルギー性物質やウイルスを抑制するというデータもあります。断熱性能が良いことでヒートショックのリスクも減らせるため、健康的な生活を送りたいという人に最適です。
断熱性能の良さは、冷暖房費のコスト削減にもつながります。夏場は冷たい空気が外に逃げないため、エアコンが消費するエネルギーを抑えられるでしょう。電気代の多くはエアコンが占めているため、エアコンの省エネを実現することで電気代を安くすることができます。従来の家よりも電気代が安くなったという人も多いです。光熱費は常に発生するものであるため、何十年も暮らすことを思うとかなりの金額になります。

さらにアエラホームを検討している方は価格や坪単価も事前に参考にしておきましょう。