高齢者や老後を見据えたバリアフリーでユニバーサルデザインの物件とは

ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、障害などの有無に関わらず全ての人のためのデザインです。ユニバーサルデザインの物件の特徴を挙げると、バリアフリーや高齢でも使いやすいことがあります。
例えば、トイレの幅を広くしてあるデザインであれば、車椅子でも簡単に利用できるでしょう。通常のトイレはスペースが狭いため、車椅子では利用することができません。高齢になって車椅子になることもあるため、そのようなときには幅が広いトイレが重宝します。また、車椅子ではない場合でも、介護をする人が一緒に入ることができるというメリットも考えられるでしょう。
バリアフリーであれば段差がないため、つまずいたりする危険性が少なくなることが魅力です。平屋など階段のないワンフロアは生活しやすいだけでなく、階段がある場合でもできるだけ段差を低くしておけば上りやすくなります。階段に手すりがあれば、それにつかまって移動することができるため安心です。
玄関周りにスロープがあり、車椅子でも出入りしやすくなっている設計もユニバーサルデザインになります。車椅子で移動しやすいということは、小さいお子さんを乗せたベビーカーでも手軽に移動できるということです。誰でも快適に暮らせる住宅といえるでしょう。
その他にも浴室に滑りにくい床材を使うなど、転倒を防ぐ工夫もユニバーサルデザインになります。浴室は水に濡れていて滑りやすいため、転倒するリスクが高い場所です。浴室で転んでけがをしたという人も多くいます。
日本では高齢化が進んでいることから、このようなユニバーサルデザインの物件も増加中です。家を購入するのは20代や30代といった若い世代が多いですが、その頃から将来を見越してユニバーサルデザイン住宅を選ぶという人もいます。自分達が年を取ってから安心して暮らせるということは、健康的に長生きするのに役立つでしょう。今住んでいる家をリフォームするという方法もありますが、段差などは構造上解消できないことも多くあります。
また、シニアになってからユニバーサルデザインの物件に住み替えるという人も増えてきているようです。子供がいる頃は子育てしやすいように大きな一戸建ての家に住んでいて、シニアになって子供が巣立った後にもっとコンパクトな家に住み替える場合が多いでしょう。親の介護やパートナーの介護のために、バリアフリーの住宅に住む必要が生じる場合もあります。介護の問題は将来必ずやってくるため、若いうちから備えておくという人も多いです。